06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

「おいしい」って?

2009/05/13
yahoo知恵袋を読んでいると、とても多い質問に・・・

「今度○○県へ旅行に行きます。おいしいお店を紹介してください」
とか・・・

「○○地方に○○と言う名産があるのですが、本当においしいのですか?」
とか・・・

「人気で、おいしいラーメン店はどこですか?」
とか・・・

「おいしい」って語句を連発する質問が多く寄せられています。

この「おいしい」って語句の乱発・使い方に私はもの凄く抵抗感があります。
何故ならば、経験も含めて「おいしい」って言うのは、あくまで「評価した人にとって」
の事であって、単なる評価の対応・・・もう少し突っ込めば、おいしいと思ったときの感嘆符

「うまいっ!」

ってのに近い意味合いだと思うんです。

でも自分で確かめもしないで、失敗を恐れて聞く人程、自分の口に合わなかったら
他人の味覚を批判して、「おいしくないじゃない」って言う物ですよね。
だから余計「おいしい」に抵抗感が発生する。


ちょっと調べてみました。

お‐いし・い【美=味しい】
[形]《味がよい意の女房詞「いしい」に接頭語「お」の付いたもの》
1 食べ物の味がよい。美味だ。「うまい」に比べて丁寧・上品な感じが強い。
「魚の―・い店」「山の空気が―・い」
2 自分にとって都合がよい。具合いがよい。好ましい。
「そんな―・い話が、あるはずがない」→旨(うま)い[用法]
[派生]おいしがる[動ラ五]おいしげ[形動]おいしさ[名]
kotobank.jpより)


「美味である」ということを「おいしい」と言うらしい。
でもよく考えると何かが抜けてはいないだろうか???

それは「私にとって」という主語である。

誰か一人の「おいしい」発言は、その発言をした人にとっての「おいしい」
ではないだろうか?
決してその発言を聞いた人にとっての「おいしい」ではないと思う。

しかしもって、知恵袋の交流では、質問する側の90%以上がこの認識に
欠落があるように思えるが、それは私だけであろうか?
また、回答側にも若干この意識がない方も見受けられる。

考えて見て欲しい。
たとえば、「ラーメンのおいしい店」って1店であろう訳がない。
「人気」=「万人においしい」ということでもないだろう。
「あなた」にとって「おいしい味」と「わたし」にとって「おいしい」は同じか?
「かに」が好きな人と「かに」が嫌いな人が存在するではないか?

「おいしい店」「おいしい味」を聞くのは結構である。
しかし、この背景をふまえていない記事は全く意味のない交流と考える。

あくまで「私はおいしいと思う」ときっちり書くべきではないか?
そう、書き手が責任持って潔く、「私にはおいしかった」

本ブログでは、こういった背景をふまえていない「おいしい」発言連発の
記事は好んで取り上げて、疑問を問いたいと思っている・・・・・
・・・・・とまぁ、堅苦しく書いても仕方ないので、客観的に楽しもうと言うのが
その取り上げる主旨である。


にほんブログ村 ネットブログへ


スポンサーサイト
10:38 管理人の蘊蓄 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。